指先の細菌に注意しよう

ファーストフード店は、食中毒といったトラブルを避けるため、衛生管理に十分な配慮がある。菌の食材への混入や繁殖を防ぐために、細心の注意が払われている。しかし、いくらお店側が注意していても問題となるのが、直接食材を扱うスタッフの存在である。ファーストフードショップでバイトとして働く場合には、衛生管理の観念を強く持たなければならない。まずは調理スタッフの身だしなみが、キッチンにおける衛生管理での重要なポイントとなる。ファーストフードのキッチンでは、定められた制服を見につけて作業を行う事がよくある。しかし、スタッフの指先などを見ていると、きちんと爪の手入れが行われていなかったり、あるいはネイルアートで飾っているといったような事がある。指先は食材に触れる可能性が高い体の部位である事から、特に衛生管理では重視されるポイントとなる。そのため職場では、作業を始める前に指先などのチェックが行われたり、衛生の管理者から指摘を受けることも多い。大切であるのは、キッチンで作業するスタッフがそれぞれ、衛生管理の大切さを認識することにある。食中毒の怖さを知り、安全で安心して食べる事ができる食品を提供するため、調理スタッフが果たすべき責任について理解が求められる。特に、キッチンでの作業に慣れてきた頃に、衛生管理の注意力を失うケースが多い。常に安全な食品作りを心がけキッチンに立つようにすれば、バイトでも本当の一人前の調理スタッフとして認めてもらう事ができるだろう。またこのような知識は普段の生活でも役に立つだろう。